osuzuのひとりごと菜園とHOMEを離れて、ここではosuzuが独りブツブツとつぶやきます。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
消費税増税は3年後?    22:35
麻生首相は、「3年後には増税を」との考えを進めているようですね。

先月の9月6日、NHK で『日本のこれから』という視聴者参加型の討論番組をやっていました。(ゲスト 伊吹文明、竹中平蔵、森永卓郎、土居丈朗)

「国のサイフは500兆円にのぼる大赤字。一方、膨らむ医療費や年金の財源。あなたは日本の将来を考えた場合、増税についてどう考えますか?」と問う番組でした。

こう聞かれれば「増税賛成」か「反対」しか答えはなく、最初から増税ありきの番組で、日ごろ好意的に見ていたNHKに文句を言いたくなりましたよ。

借金王国と言うけれど、これは「将来の増税のための演出」ではないかと疑ってしまいましたが・・・やはり。

日本国債の95パーセントは日本国民が保有。つまり私たち日本人が国債を買っているので、外国から借金をしているわけではないのですよね。

むしろ今は、実体の無いアメリカ国債の乱発を中国や日本などに押し付けたアメリカのお陰で、日本は甚大な影響を受けているんですよね。

日本は5年連続好景気だと言われて来たけれど、その時、トヨタなどの輸出大企業が儲けたお金はどう流れていた?
こちらに『黒字亡国 対米黒字が日本経済を殺す』と題し、対米黒字の仕組みが、インドと英国の例を挙げてわかりやすく書かれています。

インドは香辛料などを輸出して、宗主国の英国から大幅な黒字を稼いだが、支払いは英国通貨のポンドで、ロンドンの銀行に預けられた。インド人の汗と涙で稼ぎ出した貿易黒字は帳簿の上だけだった。英国企業に融資され、宗主国の投資や消費を活発にした。英国人はインドの産物と資金で一段と豊かな暮らしを実現した。と・・・

小泉構造改革は、外貨を稼ぐことが日本のため、と輸出大企業を優遇して(献金がもらえるから)、貿易黒字で帳簿上儲けたお金の大部分は、使えないアメリカ国債となってしまった!

だいたい国際大手企業の殆どは、海外に工場を作り、海外で商品を売り、海外工場で人件費を払い、税金を払い、儲かったお金はアメリカで運用されるので、国際企業が儲けても、日本にはお金が残りませんでした。

また安い賃金で雇えるからと、相手の国を「経済の植民地」とし、日本においては企業側は規制緩和を利用して正社員を減らし、「非正規雇用労働者」(低所得者)を増やしたり、外国の方が安く出来るからと、不必要な下請け零細企業を潰すことになって、日本人の雇用機会は少なくなり、失業者が増えることで、結局は日本国の税収が減る仕組みでした。

そして世界恐慌に突入した今、なお一層物は売れないし、お金は動かず、銀行がお金を貸してくれなくなるので、もっともっと沢山の企業が潰れることでしょう。

以前も書いたことがあるけれど、ミヒャエルエンデは『成長には「犠牲」となる部分が必ずある』と言っています。 
『資本主義の理念は、社会は永遠に成長しつづけ、ものの需要はふえつづけるという前提にあるが、そのシステムが続く条件には必ず「犠牲が必要」で、搾取するには「搾取される対象が要る』と・・・
その搾取される対象は、いつも弱い立場の私たち。

こんな状況になったのは誰のせい?

『経済崩壊と日銀の犯罪』と言うタイトルでとくとく日記さんの書いてあることに、いちいち頷いてしまいました。
本来は日本国の財産である100兆円ものアメリカ国債を、簡単に売ることが出来ないばかりか、まだ日本経済を犠牲にしてまでドルを助けようとしているんですものね!とくとくさんが書いているように、「日銀は一体どこの国の銀行だろうか。」


先の『日本のこれから』のNHKの番組内で、「貧しい庶民の消費税を上げるより、大企業の法人税を値上げすればよい。」と、参加者の発言があったとき、竹下平蔵氏は「そんなことをすれば企業は安い法人税の海外へ逃げていってしまいますよ!」と反論していました。

それに対して森永卓郎氏は、「逃げていくなら逃げればよい。」と言った時、私もそうだそうだと思いましたよ。
沢山儲ける企業(人)からは沢山税を納めていただく『累進課税』を実行すべきだと。
(このとき4人のゲストの中で、消費税値上げ反対論者は森永氏ただ一人で、討論番組なのにバランスがおかしいぞ!と思いました。)


かつて丁稚奉公からホンダを起こした本田宗一郎氏は

「学問なり技術があるということは立派なことにはちがいないが、それを人間のために有効に使って初めて、すぐれた人間だということができるのだと思う。何よりも大切なのは人を愛する心ではないだろうか」

「私はたえず喜びを求めながら生きている。そのための苦労には精一ぱいに耐える努力を惜しまない」

「人を動かすことのできる人は、他人の気持ちになれる人である。そのかわり、他人の気持ちになれる人というのは自分が悩む。自分が悩んだことのない人は、まず人を動かすことはできない」

「自分の身内は会社に入れない」

「信用とは人に好かれること、約束を守ること、人を儲けさせること」

「自分の喜びを追求する行為が、他人の幸福への奉仕につながるものでありたい」


など、珠玉の名言通りのことを実践しました。


また大原美術館を建てた大原孫三郎氏も「大原家の財産はすべて神のため、社会のために使われるべき」として、(社員のための病院をつくり)、(夜間学校を開き)、(名士を呼んで有意義な講演会を開催し)、(農業研究所まで設立しました)よね。


松下幸之助氏も独自の理念を持っており、数々の名言を残していますが、たとえば社員がいろんな事を提案してくると・・・

一つ目の質問、「それを実行すると社員は喜びますか?」

二つ目の質問、「売ってくれる人たちが喜びますか?」

三つ目の質問、「儲かりますか?」

この三つの質問をして、三つとも「イエス」の場合だけ「ではやってみなはれ」とGOサインを出したそうです。

経営者とは、かくあるべきだと思います。


話は飛びますが、9月28日のNHK「ETV特集 日系アメリカ人の‘日本’」と言う番組の中でダニエル・ケン・イノウエという、第二次世界大戦ではアメリカに忠誠を示して参戦し、片腕を失ったアメリカ在住の日系日本人が、アメリカ民主党の上院議員に初当選した後、日本に来て岸信介元首相と面談した折に、「日系アメリカ人はアメリカ大使として派遣を希望していますよ。」と言ったら、岸信介氏は「それは無理でしょう。将軍の時代から明治を経て、官僚・閣僚はず〜っと貴族、武士、裕福な侍など、家系の血筋の良い名士が勤めています。経済的脱落者が行ったハワイ移民などは、受け入れられないでしょう。」と言われたと語っていました。

解雇・倒産なんて無縁な官僚・役人が遠隔操縦する政治行政の中で、先ず国民の立場を省みない悪しき机上の空論しか思いつかない二世三世の官僚主導制度を、根本から作り直して欲しいですね。

また国民一人当たり250円の政党助成金を集めて使っているにも拘らず、見返りを期待して政治献金をしてくれる大企業を優遇することは止め、経団連とはキッパリ縁を切って献金を受け取らないで欲しいもの。
宗教信者からの献金も、政教分離から考えると当然のこと!
政党助成金さえもあてにせず、政治信念を持って(無所属)で立候補する城内みのるさんのようなクリーンな人や、共産党も存在するんですよ!

そして金融機関のてこ入れや、株式市場の再活性化をするのではなくて、今は国内の働く人の人間性を取り戻すような、今困っている人の喜ぶ政策を、一時も早く望みたいものです。
もちろん年金、医療、福祉にも困っている人が沢山いますよ。

それが出来てこそ・・・その上でどうしても増税が必要だと言うのなら、過去の官僚や政治家たちの数々の悪行を許して、増税に同意することに致しましょう。

衆議院総選挙がフラフラと遠のいているけれど、今の政権に、今すぐそれらが全て出来るでしょうか?
| 世の中 | comments(2) | - | posted by osuzu -
スポンサーサイト 22:35
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








国の予算の配分が間違っていると思いますね。それに使い切らないと翌年の取り分が減らされるという慣行から、地方に下ろされた補助金が??預けという名目で各自治体で処分していたのも明るみに出ましたね。
よく道路予算を消化しなくてはならないからと、やらなくてもよい工事で夜中に東京の道路工事がなされていたのを思い出します。
税金なんですから予算として配分されたものも余ったら返せばいいのにね。
根本的に仕組みを変えないとダメですね。この国は・・・
金持ちや資本家の政治的代弁者には、任せられないです。軍事費や無駄をなくして、それでも財源が足りないとなれば、高福祉・高負担に納得し消費税にも納得できるというものですね。
posted by kimama | 2008/10/28 4:05 PM |
ほんとほんと、年度末の道路工事は当たり前。
普通の人でも、貰える物は今必要なくても「いつか何かに使おう」と貰う人が多いと思いますが、お金なら尚更でしょうね。

軍事費っていうか防衛費は、年間4兆円以上の予算が組まれているそうですね!
そしてここで打ち出された、恩着せがましい定額減税は2兆円。防衛省予算を半分にしてなら納得できるけれど・・・

仰るとおり、高福祉であれば高負担も納得できますよねぇ。
posted by osuzu | 2008/10/29 7:46 AM |
<< NEW | TOP | OLD>>