osuzuのひとりごと菜園とHOMEを離れて、ここではosuzuが独りブツブツとつぶやきます。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
yahoo と JWord 検索の怪 01:58
今月13日から朝日新聞で、「ネットは今」というタイトルで連載が始まっています。
13日 「第一部 さがす(グーグルとヤフー その1)」
14日 「第一部 さがす(グーグルとヤフー その2)」
今日は 「第一部 さがす(迷惑サイトの行方 その1)」
でした。

これからどのように展開していくのかわかりませんが、これまでに書かれていたことは、世界市場において「グーグル」の存在感は圧倒的で、59.6%、491億8800万件。
2位は中国の「百度」10.3%。

ただし日本ではヤフージャパンが(51.2%)で、グーグルは2位(39%)。

そして「ヤフー」と「グーグル」の検索結果には大きな違いがある。
グーグルは正確で客観的な技術をもち、人為的な介入がない。
対してヤフーは、例えば自殺志願者を自殺予防サイトへ誘導するとか、迷惑サイトをネット検索からはじくなど、人の手を加えている。
ということでした。


たまたま今月の9日、カナダで日本語さんのブログに、『カナダで日本語』がyahoo!八分されていたことが「ブロ具検索」で判明とあり、「みなさまもぜひyahoo!ブログ検索とgoogleブログ検索で更新した記事のタイトルを検索して試してみて下さい。」とあったので、私も自分のサイトの直近のタイトル「金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った」を読んでで試してみました。

グーグルでは正しく出るのに、ヤフーでは私のサイトは出てくるものの、まっすぐこのタイトルのページへ飛ぶことが出来ません。全く別のページへ飛んでしまうのです。なぜ?


私はアクセス解析を導入しており、時々検索結果を見ているのですが、今までもyahooでの検索で辿り着く人の数はgoogleで来る人より少なかったので、私のひとりごとなど弱小ブログだから・・・と気にも留めていなかったけれど、今回は少し丁寧にアクセス解析のサーチワードのデータを逆に辿ってみました。

すると、とんでもないことが発覚!


10月23日のタイトル「光は極東の日本から」でも、出てきたのは良いけれど、サイトにアクセスすると、やっぱりとんでもないページへ飛んでしまうのです!



そこで<このサイト内で検索>をクリックしてみたら、何とまぁ!3日前は2ページだったけれど、今日見たら更に増えていて、3ページにもわたって私のひとりごとの、全く別のページにアクセスされるようになっており、簡単には検索した言葉のあるページに辿り着けない構造になっていて、ただもうビックリ\(◎o◎)/!

このページを消されちゃうかもしれないので、証拠写真を撮っておきました。



このまま行けば更にいかさま誘導ページが増える勢いです!

ちなみに私は(JWord)と(ヤフー)の検索サイトを使い、画面では(JWord)と(ヤフー)が分割されながらも同時検索されるようにし、同じページの下の方で(グーグル)もクリックできるようになっていて、ワンクリックで沢山の検索ができるように設定していました。

(JWord)と(ヤフー)はこちらにあるように業務提携されているんですよね。信頼していたのだけれど・・・


更に10月13日の「歴史的瞬間に立ち会う」で検索をしていたら、いきなりいつもの分割画面ではなく、全画面で JWord のオトナ語の謎というページが出現!
アドレスをコピーして何回も試すと、その都度言葉が変わり、「ばっさり」とか「テーブルに乗せる」とか、ばかばかしい言葉が次々と出てくるのです!

これも消されるといけないので証拠写真に収めました。



こんなことがあったので、JWordについて調べてみると、なんとウィキペディアに「スパイウェアー」の一種とみなされることも多いと書いてあるではありませんか!

早速ウィキペディアに書いてあることや、こちらのサイトを参考に、コントロールパネル→プログラムの追加と削除でJWord を選択して削除しましたよ。


ところがこの後意外なところに影響が!

じつは家庭菜園のHPでは、質問やその他のメールがあるときのために(ヤフーメール)を利用していたのですが、そのメールサイトにアクセスできなくなってしまったのです!

メールボックスにはこの一両日のうちに新規に来たのでなければ、あとは処理済のメールが保管されていただけなので、ヤフーメールも使わないことにしました。改めて登録し直せば利用できるのですが、もうヤフーはやめたっ!


私もカナダで日本語さんの所と同じく、yahoo!八分をうけているのかも。でもどうしてこんな弱小ブログが?
もしかして検索文字にヤフーやジェイワードが好ましく思わない文字が含まれていて、迷惑サイトにされたちゃったのかな?

だけど・・・そういえば以前、いろいろと参考になる情報サイトを紹介していたチラシの裏というサイトに、もう一度アクセスしたくて検索したとき、ヤフーで「チラシの裏」の文字は一杯あったけれど、目的のミギーさんのサイトは出てこなかったので、この方もヤフー八分を受けているのかな?

もう一つ考えられることは・・・植草一秀さんの記事を参考にさせていただいてひとりごとを書いたとき、植草さんのサイトで、私のブログアドレスを載せてお礼を言ってくれたことがあったけれど、影響力の大きな植草さんの言を広げないためとして、それからかな?推測するしかないのですが・・・

いずれにしても検索に手を加えることの出来るヤフーによって、こうした現象が起きていることは確か。

私はもともと知らないことを勉強して納得したことを書いているだけだし、もちろんやましいことはなく、またそれほど多くの人に影響を与える力はないので、これからもこのままひとりごとをつぶやいていくつもりですが、この結果を見て、『これが言論弾圧か!』と不安になりました。

特に、日本で51.2%もの検索シェアーをもつ『ヤフージャパン』ということなので、今後にますます不安が募ります。

『政治ブログ』などに登録している方が多いけれど、そのカウントも(嫌韓サイトと言われている)韓国を嫌う人のサイトの投票カウント数が異常に多いのも、こうした操作がされているらしい。

また選挙の投票の折に『電子投票』を利用する案が出ているけれど、こんなに簡単に操作されるようであれば、絶対に電子投票には反対!

yahoo と JWord の検索怪談物語でした。
| 世の中 | comments(5) | trackbacks(0) | posted by osuzu -
スポンサーサイト 01:58
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








osuzuさま、
初めまして。コメントありがとうございました。
やっぱりyahooブログ検索はおかしいですよね。
ただ、前回の記事を書いた後のエントリーのタイトルをチェックしてみたら、ブログ検索に表示されていました。とっても不思議です。

ところで、トラックバックしようと思ったら、こちらのブログは、トラックバックができないのですね。もっとたくさんの方に読んでもらうようにトラックバックされたらいいのでは?すばらしい情報をもっとたくさんの方に読んでもらうためにも。
posted by 美爾依 | 2008/11/16 5:10 AM |
早速のご来訪をありがとうございました。
美爾依さんのブログの記事にはいつもたくさんのことを教えていただいています。
今回チェックしてみて、こんなに思いがけないことを知ることが出来、きっかけを下さったことに感謝です。

このブログを最初に開いたとき、いかがわしいサイトからトラックバックがあって、トラックバックは怖いという印象を受けてしまいました。(苦笑)
私はネットのことにとても疎いので、面倒なことに巻き込まれるのがイヤで、トラックバックを利かせていなかったのですが、とりあえずこの記事だけはトラックバックを受け付けて見ることにしますね。
実爾依さんのブログは今後もこっそり覗かせていただきます。
posted by osuzu | 2008/11/16 7:57 AM |
トラックバックを受け付けるにしてみたのですが、どうやら「新規投稿時のみ変更可能」となっているので、もしかしたらこの記事は受け付けられないかもしれません。次の投稿記事からはトラックバックできるようになると思います。
posted by osuzu | 2008/11/16 9:10 AM |
ネットで自分から情報を発信するのは、プライバシーをさらけていることを覚悟しています。
そしてカウンターは殆ど信用していません。というか、まあ目安程度に考えています。なぜなら、自分のページを修正したり書き込んだりの度にも、私の場合はカウントされているからです。
いろいろな意味で危険も承知しているつもりですが、アメリカの選挙や韓国のようにネットの影響力は大きいですものね。
posted by kimam | 2008/11/20 3:36 PM |
私もカウントは参考程度です。でも今回はその参考が大いに役立ちました!

ネットは確かに危険が多いけれど、私は(kimamaさんも)ネットで食べているわけではないし(笑)、事実を書いて自分の内部をさらけ出しているので、何も恐れることはないと思っていますが、人が情報操作をすることで、正しい事が伝わらなくなるのは不安材料ですね。

ともあれこんな田舎のおばさんの書いたことですが、今の時代はネット利用は大きい効果があるようなので、少しでも誰かに伝えられたら幸いだと思います。

今日またネットの危険性についてひとりごとを書きましたので見てくださいね。
posted by osuzu | 2008/11/22 2:56 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://osuzuhitori.jugem.jp/trackback/423
<< NEW | TOP | OLD>>