osuzuのひとりごと菜園とHOMEを離れて、ここではosuzuが独りブツブツとつぶやきます。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
「篤姫」を見終わって 23:59
ネットに疎い私が「自分の思いを少しでも誰かに共有して貰えたら・・・」とネットの利点を利用してひとりごとを書いていたのですが、先日は検索の怪を経験し、ネットの害をも知ることとなりました。

市販のパソコンには殆どウィンドウズが入っていて、これにはネット閲覧ソフトの「インターネット・エクスプローラー(IE)」が抱き合わせで入っているので、当然殆どの人がこの「IE」を利用していることと思います。

でも「Mozilla」「Firefox」「opera」など、IE以外にもネット閲覧ソフト(ブラウザ)があるそうですね。

そこで別のブラウザを使って見ようかどうしようかと迷いましたが、PCのイロハを良く知らない私。ネット利用の成果など知れたものなので、今までどおりIEを使うことにし、今までどおりマイペースで自分の思いを発信して行こうと思います。

さて今夜はNHK大河ドラマ「篤姫」の最終回でした。
「明治維新」という大きな時代の変動期に、篤姫がどのように考え、どのように生きたかを、毎回興味深く見ていたのですが、現在、ものすごく大きな「経済の変動期」を迎えている今、この時代背景を知らずして、今後のあるべき道を語ることは出来ないと、しみじみ思いました。

今盛んに「グローバル化」と言う言葉が飛び交っていますが、私が知らなかっただけで、今までも外国と大きく関わってきた日本であることを思い知らされています。

こちらに明治維新の舞台裏が解りやすく書かれていますが、当時大国によって小国が植民地にされ、中国もアヘン戦争によって植民地化される中で、唯一植民地化されなかった日本だけれど、番組内には出なかったものの、長崎の武器商人トーマス・ブレーク・グラバーの存在に、大きく歴史を動かされ、そんな中で篤姫は生きたんですねぇ。

番組の中での篤姫は、身分が高いと言うだけでかなりの発言権を持っているように描かれていましたが、実際にはどうだったんでしょう?

あの変動の時代があって今があるわけですが、篤姫と異なることは、身分の低い私でも、ネットのお陰で今の世の中の動きを、より詳しく知ることが出来るようになったこと。

第二次世界大戦が終わった(1945年)あとの1946年まで、女性には選挙権もなく、政治に介入することは許されませんでした。武器を持って戦う過去の戦争は全て男が決めたこと。
でも今は自分の意思を発動し、歴史を動かせる一員となったこと。過去を踏まえて今後をしっかり見つめなくてはね。
| 世の中 | - | - | posted by osuzu -
スポンサーサイト 23:59
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
<< NEW | TOP | OLD>>