osuzuのひとりごと菜園とHOMEを離れて、ここではosuzuが独りブツブツとつぶやきます。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
航空自衛隊イラク撤退のニュースから 00:44
17日、航空自衛隊イラク支援活動終了。最後のC130輸送機がクウェート離陸というニュースが流れました。
忘れもしない2003年の自衛隊イラク派遣から5年。

私は当初から派遣に反対でしたが、ブッシュ大統領自身も「大統領の職にあった中で、最大の痛恨事はイラクの情報の誤りだった」と言っているし、イギリス軍も2週間以内にイラクを撤退するらしいですね。

それにしても米国兵士の死者の数もさることながら、イラク民間人が、最低でも10万人以上も殺されたんですよ!この戦争に関わった人たちは、皆これからも精神的・経済的苦しみを受け続けるのに、これが間違いだったで済まされるはずがないでしょう!

アメリカもやがては撤退となるでしょうが、まだしばらくは治安維持のために人数を減らして残るみたいですね。その際のイラクとアメリカの地位協定では、イラク側が自国の不利にならないようにかなり頑張っている様子。

それに引き換え『日米地位協定』のお粗末さには情けなくなります。

そもそも日米地位協定に関わる沖縄返還に、「非核3原則」をうたったということでノーベル平和賞を受賞した元首相「佐藤栄作氏」ですが、明らかに1972年の沖縄返還で、米軍が有事の際に核を持ち込むことを認めた日米密約が締結された』ことを示す米政府の公文書が見つかったんですよね。
36年前にその密約を暴いた西山太吉さんは、裁判所に訴えを起こしていましたが、その事件に関わっていた外務省アメリカ局長の吉野文六氏が偽証したため、残念ながら敗訴。

でも裁判が終わった後で、吉野氏は密約を認める発言をしたんですよね。

国民には知らせずに6億円もの国民の税金をアメリカに支払って、佐藤氏はその結果の平和賞受賞だったんですねぇ!

間違いだったイラクへの自衛隊派遣でも、どれだけ無駄な税金が使われたことでしょうね。

政府に任せるのではなく、私たち国民が政治の主役で、政府を監視しなくては!と、改めて思います。

今までこのように税金の使われ方を知らなかった私(だけ?)ですが、自衛隊の防衛関係予算も余り知らされていませんよね。こちらに08年度は13年ぶりに低水準だったとあります。それでも想像を絶する、4兆7796億円だったわけですが、2009年度はどのくらいになる?

2月20日に書いたようにイージス艦のミサイル発射実験でも、ものすごい金額が使われたようですが、アメリカとの共同でなければ機能しないものは自衛とはいえず無駄金!

見逃したらしく最近になって、先月(11月)『20日、ちょうかいの改造費やミサイル代金を含む総費用は『約321億円、試験費用は62億円ミサイル迎撃実験が失敗』というニュースが目に入りました。来年度以降も、別の2隻のイージス艦の同種試験も予定されているそうです。これを今の失業対策にまわすことこそが、危機への自衛策だと思う私。

日本の自衛隊員数 25万人戦車950両・装甲車両950両・自走砲・野戦砲700門・攻撃ヘリ90機・潜水艦16隻などなどを保持する自衛隊。以前朝日新聞で読んだのですが、戦車3人乗り1台10億円以上と書いてありました。
こちらの自衛隊員の記述によると、1台7億円のTK−Xを、、『2010年〜800両(見込数)』とありますね。改良ではコストがかかり機能が不完全になりやすく中途半端なため、国産の新型を開発しているけれど、その開発費には既に、484億円かかっているそうです。1000社以上の会社が関わっていて、公共事業?でもあるとか。

以前聴いた国会中継で、元石破防衛大臣は「武器を持つことは周辺国への抑止力」と言っていたけれど、他国の地に侵攻して人を殺すための高価な戦車など不必要!そんなのは公共事業とはいえません。

戦争が起きるかも知れないと不安をあおるよりも、最新式の戦争道具を揃えるよりも、とにかく今、生活に困っている国民をすぐ助けるのが一番の自衛策!

遅まきながら麻生首相は23兆円の「生活防衛のための緊急対策」を発表したけれど、いずれは消費税を上げるつもりです。

でも消費税を上げる前に、アメリカへの思いやり予算や、無駄な天下り法人を廃して、透明な税金の使われ方を示して欲しいもの。その結果足りないと思えば、私たちも納得して税金を払うでしょう。
| 世の中 | comments(4) | trackbacks(0) | posted by osuzu -
スポンサーサイト 00:44
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








ご意見 ごもっとも!!
雇用不安が吹き荒れる師走。寒空に追い出された労働者はお正月をどこで過ごすのでしょう?
わずかな定額給付金なんていりません。働く人にもっと手厚い策をしてあげて欲しいものです。

先日、ある会の世話人会での話しですが、あの定額給付の話を出したのは公明党ですよね。創価学会さんが多数を占める公明党では、学会さんがもらった定額の一部は上納するらしいとの話を聴きました(過去にもそうしたらしい。)強制でないにしても、信仰からそうする人が多いそうですよ。
それで・・・公明党の出した案件が納得できました!

カップラーメンは400円ぐらい?なんてぬけぬけと言う麻生総理。そんな庶民感覚の無い、頼りない国会議員を世に送ったのは、われわれ国民です。国民が賢くならなければ、政治は何も変わらない。
そのことを、もっと多くの人たちが肝に命じて欲しいと思いますね。

今度、昭和18〜20年代の歌を歌って、当時の世相を語る会を開くことになりました。老人会のカラオケクラブの方も乗り気です。
過去の歴史を振り返ることで、現代の危機感を模索したいと・・・。それで9条を守り、平和を考えたいと思っています。
posted by p-ちゃん | 2008/12/20 4:48 PM |
これからももっともっと景気は悪くなりそうです。
そんな時に僅かな定額給付で景気を持ち直すことが出来るわけありませんが、公明党の提言だったことは知っていました。
でもその先の「上納」ということは思いつきませんでした。

なるほどねぇ。私も12000円貰ったら、反貧困対策をしているNPOに寄付しようと思っていたので、信仰をしている人が信じる会へ上納しようと思う気持ちもわかります。貰った方がどんな使い方をするか、信じるしかないですからねぇ。

昭和18年〜20年代の歌?
その頃の作詞作曲家は、無理やり戦意高揚の歌を作らされたと聞いています。
その世代の人々も、その歌で気を奮い立たせていたので、忘れようとしても忘れられないでしょうから、それは歴史を振り返る意味で本当に素晴らしい案!

そうやって出来ることを出来る範囲で広めていけば、きっと平和を考える力が浸透していくと思います。頑張っていますね!
posted by osuzu | 2008/12/21 8:31 AM |
まったく同感です。丁寧に記述されているので、とても分かりやすいです。田中康夫さんの国会演説も、御案内のページで聴いてみました。天木直人さんも是非国会へ押したいお一人ですね。
posted by kimama | 2008/12/27 11:42 PM |
同じ思いを持ってくれる人が居て心強いです。

ノーベル賞を受賞した元佐藤首相は、先日のひとりごとを書いた後のニュースで「核を国土には持ち込めないが、中国と戦争が起きたら、日本の近海上で核を中国にぶち込んで日本を守って欲しい。」といっていたことが明らかになったと報道していましたね。
そんな人が平和賞を受賞していたなんて!
密約を暴いて私たちに知らせようとした西山さんは、女性と不倫関係に摩り替えられて投獄され、悪事が発覚したにも拘らず国は罪を認めないなんて・・・残念無念、悔しい世の中!

田中康夫さんの代表質問は、今でも吹き出しそうになるほど本当におかしくて笑えたので、機会があればぜひ誰かに教えたかったんですよ。聞いてくれてありがとう。でも納得できる内容だったでしょう?
天木直人さんはこうした冗談は言えないストレートな人のように思いますが、湯浅誠さんと同様、庶民の立場と世界の立場の両方がわかる人ですね。

政権交代したとしても、今の官僚主導政治では、いつまでたっても私たちは上から目線でしか見られないと思います。
私たちが推す人が政治家になってくれて、根本から政治改革をしてくれたらと思う今日この頃です。
posted by | 2008/12/28 9:11 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://osuzuhitori.jugem.jp/trackback/428
<< NEW | TOP | OLD>>