osuzuのひとりごと菜園とHOMEを離れて、ここではosuzuが独りブツブツとつぶやきます。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
究極の正義とは 00:23
一ヶ月ほど前の昨年の12月に、手仕事をしながらテレビでも見ようとスイッチを入れたら、アンパンマンの漫画を描いたやなせたかし氏が、インタビューに応えているところでした。

氏が人気漫画家となったのは60歳を過ぎてからのことで、間もなく90歳になる(1919年2月6日生)そうですが、オイドルを自称するやなせ氏の若々しいことにびっくり!

やなせ氏の弟は海軍の特攻隊員で22歳で戦死。
ご自身も日本の正義を絶対だと信じて、命を落とす覚悟で戦地に赴いたけれど、仲間が死んでもおなかがすいて、空腹の苦しさに「正義」という言葉に疑問を抱き始めたそうです。

それぞれの国がそれぞれの価値観の上で築いてきた正義と言うものがあり、その正義への思いが強くなると戦争にまで発展し、国の正義のために命まで落す事をいとわない。

だから「正義」というものは何かしらの犠牲の上で成り立つものだと思っていたけど、人種を問わず万人共通の究極の正義とは、と考えたとき、「究極の正義とは、ひもじい人に食べ物を与えることだ!」と思い至ったそうです。

ほんとうの正義というものは決して格好のいいものではないし、そして必ず自分も深く傷つくもの。捨身、献身の心なくしては正義は行えないし、また私たちが現在ほんとうに困っていることといえば物価高や、公害、飢えということで、正義の超人はそのためにこそ、たたかわねばならない。として生まれたのがアンパンマンだそうです。

初期の絵本のアンパンマンは、顔の全てがすっかり食べ尽くされることで、ようやく新しい顔を得ることが出来る。というお話だったけれど、保育園の保母さんからクレームが来たそうで、今のように少しだけちぎって、ジャムおじさんに再生させてもらうお話になったようです。

外側がパン(西洋)であっても、中身はあん(日本)であってほしいという気持ちも込められているとか。

現在は新型肺炎(SARS)や、鳥インフルエンザなど、バイキンが猛威をふるっていて、人類共通の敵になっています。
しかし酵母菌のようにパンをつくるときに必要な菌や、納豆菌とか乳酸菌とかの有用善玉菌も多いから、バイキンを死滅させると人間も絶滅する。うまい具合にバランスがとれてるのがいい。だからアンパンマン対バイキンマンの闘いは、バランスを保ちながら永遠に続く。と言うことでした。

漫画の中にこんな奥深い意味が込められていたとは知りませんでしたよ!

今、職と住むところを失った人が、寒空の下で生きていかれないのを見過ごせないと、多くのボランティアの方が危機を何とかしようと動き、働き、本来危機を生み出さないようにすべき政府や自治区に呼びかけて、あらゆる対策を講じていますよね。

これを実行される方々には本当に頭が下がりますが、寄付も相応に集まっているとか。

アンパンマンの顔を再生するのはジャムおじさんですが、ボランティアの方々をアンパンマンにたとえるなら、ジャムおじさんはボランティアを支える周囲の人ということになるのでしょうか。

同じ漫画家の手塚治氏も、「ジャングル大帝」の最終回で、レオは自分の肉を食べさせて寒さと空腹で死にかけていたヒゲおやじを救うストーリーらしいですね。

ゲゲゲのキタロウで有名な水木しげる氏も、一兵卒で従軍して片腕を失っていますが、軍隊と云う組織の中での不合理さや、僻地における飢餓感を、いくつもの漫画で描いています。
私はコミック昭和史を、将来孫が見てくれることを期待して、全巻購入してあるのですが、飢餓は随所に出てきます。


『アンパンマンのマーチ』

作詞:やなせたかし、作曲:三木たかし、編曲:大谷和夫、歌:ドリーミング

そうだ うれしいんだ 生きるよろこび
たとえ 胸の傷がいたんでも

なんのために生まれて なにをして生きるのか
こたえられないなんて そんなのは いやだ!

今を生きる ことで 熱い こころ 燃える
だから 君は いくんだ ほほえんで
そうだ うれしいんだ 生きるよろこび
たとえ 胸の傷がいたんでも 
ああ アンパンマン やさしい君は
行け!みんなの夢 まもるため

なにが君の しあわせ なにをして よろこぶ
わからないまま おわる そんなのは いやだ!

忘れないで 夢を こぼさないで 涙
だから 君は とぶんだ どこまでも
そうだ おそれないで みんなのために
愛と 勇気だけが ともだちさ
ああ アンパンマン やさしい君は
行け!みんなの夢 まもるため

時は はやく すぎる 光る星は 消える
だから 君は いくんだ ほほえんで
そうだ うれしいんだ 生きるよろこび
たとえ どんな敵が あいてでも
ああ アンパンマン やさしい君は
行け!みんなの夢 まもるため

「究極の正義とは、ひもじい人に食べ物を与えること」

今イスラエルが侵攻しているパレスチナの人たちはどうしているでしょうね。

以下は『中山千夏さん』が週刊誌に書いた言葉だそうです。

何で戦争はいけないの?

ひとつ、戦争は破壊する。
家や町、古い遺跡や美しい山河をあっという間に破壊する。もちろん貴い生命も破壊する。

ひとつ、戦争は腹がへる。
田畑が破壊され、交通機関が破壊され、店が破壊され、食べ物がなくなって、とてつもなく腹がへる。

ひとつ、戦争は人殺しを強制する。
いくら人を殺したくなくても、兵士になれば、平気で人殺しをしなければならないし、たいてい無理やり兵士にされてしまう。

ひとつ、戦争は自由を奪う。
戦争の足しになることをする自由はあっても、戦争の邪魔をする自由はまるきりなくなる。

ひとつ、戦争は病気を持ってくる。
破壊された不潔な町には伝染病がはびこり、細菌兵器や原爆による病気がはびこり、兵士たちの間には精神病がはびこり、爆弾は地球全土の水や空気を汚染して生き物を弱らせる。

ひとつ、戦争は男を威張らせる。
なんたって戦争の主役は男だから、世の中の役に立つのは男、ということになってしまって、人間としての女の価値は必ず下がる。

娘よ、こんなバカなことをしたがるのは、
1.正気じゃない、
2.戦争になれば儲かったり威張ったりできる、
3.そういう連中にだまされている、
のどれかさ。 

覚えておおき、軍備をしない、国家間のもめごとは必ず話し合いで解決する、と決めている日本の憲法第9条は、だから、世界一かしこい憲法なんだよ。
| 世の中 | comments(5) | trackbacks(0) | posted by osuzu -
スポンサーサイト 00:23
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








早速「ひとりごと」書き込まれましたね!
さすが〜です。

漫画家の方から、こんなメッセージが届いていたのね。
手塚氏にはそう感じていましたが、平素漫画を読まないので知りませんでした。
麻生総理は漫画好きだそうですが、一体どんな漫画をお読みなのでしょうね。

同じ漫画や本を読んでも、またニュースを聞いても、その聞く人の知識如何で考える方向が違うので、やっぱり知識を持つことが大切だと思いますね。

中山千夏さんのメッセージも関心を持って読みました。
戦争は〜
絶対に嫌です! 世の中には金儲けのために正義を掲げて戦争を始めようとするヤツラがいるので監視がやめられませんよ。

男が偉そうにする〜。
なるほどね。今度の市男女共同参画会議でこのテーマを披露してみます。

私自身について言えば、体調は80佑覆里任垢、いくら若く見えるなんて言われて喜んでいても、確実に老いていますね。悲しいですが・・・。
せも「老いは、人生のプロになること」だそうですから、あまり悲観的にならず、立派なプロ意識でいろんな独り言で、物申していきたいです。

今年もよろしくね。ひとりごと頑張ってね。
posted by p-ちゃん | 2009/01/08 10:30 AM |
究極の正義について感銘深く読ませていただきました。ひもじい人が、一人もいない社会を一日も早く目指したいです。餓死者のいるのが日本の今の現実ですものね。正義を貫くには勇気がいります。そして本当の優しさが問われますね。残念ながら私にはまだ不足していると反省してます。
posted by kimama | 2009/01/08 11:06 PM |
P−ちゃん共感と応援をありがとう♪
アンテナを張っていても、その人の知識量によって引っかかり方が違うかもしれませんね。
私も勉強不足ですが、ネットのお陰でいろいろ学ばせてもらっています。
もちろん全ての情報が正しいとは限らず、取捨選択の目も養わなくてはいけませんがね。

中山千夏さんの言葉は私も胸に響きました!
P−ちゃんは少し体調に不安を感じているようですね。私は正月に1kg太ってしまいました!老いを考えると、もう少し自省しなくちゃね。
お互いに健康に気をつけて頑張りましょう。今年も宜しくお願いします。
posted by osuzu | 2009/01/09 1:20 AM |
少なくとも私たち以前の世代の人は少なからず飢餓を知っています。
kimamaさんはそのハザマかな?
だからこそひもじい感覚は鮮明にわかるのですが、物量豊富な時代に育った人には今一わからないと思うので、やさしさに掛ける私は、一度本当の飢餓状態を味わった方が良いのかも。と思ったりするときがあるんですよ。いろいろ勿体無くて・・・

でもやはりその苦痛は子孫はもちろん、誰にも味あわせたくないものです。
ガザではもう620人以上の死者が出ているとか。その何十倍もの人が飢餓に苦しんでいるんですよね。
抗議の声を上げるしか出来ないもどかしさを感じます。
posted by osuzu | 2009/01/09 1:29 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
posted by - | 2010/08/29 5:58 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://osuzuhitori.jugem.jp/trackback/430
<< NEW | TOP | OLD>>