osuzuのひとりごと菜園とHOMEを離れて、ここではosuzuが独りブツブツとつぶやきます。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
不自然な空 23:52
今朝も氷点下の気温ながら、とてもよい天気。
2階に住む娘ファミリーは、高速料金が安くなったからか、遠出をして遊んでくるとのこと。

ガソリン税の暫定税率が問題になったとき、「ガソリン代を安くしたら、必要もないのに車に乗る人間が増えて公害を撒き散らし、地球温暖化が進む」と反対した人が居たことや、先日きっこさんのところで知った「政官財によるETC詐欺の実態 」についての記事が思い出されましたが・・・


私たち夫婦は一足先に家を出て、凍土が溶けたら掘って食べるつもりだった牛蒡を掘り上げるべく、菜園に向かいました。

菜園への行きがけに正面に見る、雪をかぶった八ヶ岳は、青空に映えてとても綺麗!

作業を始める前にフト空を見上げたら、日頃そんなに飛行機が飛ぶコースではない南の空に、真っ白い飛行機雲が東から西へと二筋、しばらくするとまた平行に二筋。おやまぁ、今日は何かあるのかしら。などと思いながら、下を向いて作業をしていました。

通風で足が痛かったため、今年初めて野良に出た夫は、牛蒡を掘りながら、深いところにあった沢山の大きい石を掘り上げたりしたので、11時20分ごろにはもうへとへとの態。

「もう帰るぞ。」というので、別の所を耕していた私も仕方なく作業を中止し、腰を伸ばして空を見ると、なんと、空には更に幾筋もの飛行機雲の跡が残り、それが上空の風によって北側へ帯状に広がって、綺麗だった空は、南側が半分ほど霞んだ状態になっているではありませんか!

それを見た私はもしかしてこれが「ケムトレイル?」と言う不安が頭をよぎり、参考までにとシャッターを切りました。
これは11時20分に撮影した南側の空です。


そして帰宅時には、まだ青空が広がっている北側の空にも、今度は西から東へ飛ぶ飛行機雲が。
12時11分、北側の空を車の中から撮影しました。


帰宅してしばらく経った頃には、空全体がすっかり霞んでしまいました。
やがて本当の雲が出てきたのか波のような模様は見えなくなり、全体が1色のうす曇りになってしまいました。


「ケムトレイル」とは・・・
飛行機雲のエアトレイル(エアは空気 トレイルは跡)に似せて「ケミカルトレイル」という。
「ケミカルは化学物質のこと.トレイルは跡」という意味。短縮して「ケムトレイル」ともいう。

のだそうです。


しかし例えこれが「細菌やウイルス」などの「毒物」をばら撒く「ケムトレイル」ではなくとも、「HAARP」等の電磁波を効率的にするための「電磁媒体(化学微量粉末)」を大量に空中散布したのでなくとも、こうして何本もの飛行機雲によって、スカッとした青空全体を霞のように覆い、自然の恵みの太陽をさえぎってしまったことに、非常な腹立たしさを覚えました。

地上で車の出す排気ガスより、何倍もの大気が汚染されているように見えますが、それにしても普段は静かな空に、今日はどうしてこんなに沢山の飛行機が飛んだのでしょう?
この後、鳥インフルエンザや変な病気が流行らなければいいけれど・・・チョット不安。

帰宅した孫が、楽しかった様子を興奮しながら報告してくれたことで、少し救われました。
| 雑記 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by osuzu -
スポンサーサイト 23:52
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://osuzuhitori.jugem.jp/trackback/442
<< NEW | TOP | OLD>>